■文と文節

「文」とはどのうなものか、わかっていますか?

句点(。)のところで一つの文が終了です。

ですから、

「・・・・・・・・・・・・・・。」とあれば、一文。

「・・・・・・。・・・・・・・・・・・・・・。」とあれば二文。

「・・・・・。・・・・・。・・・・・。」とあれば三文です。

たったこれだけのこと、

簡単でしょ?

文節

文節についてはどうでしょう?

文節は小学校4年生でも90%くらいはできる簡単な内容です。

しかし、100%できるようになるには中学2、3年生程度の文法の知識が必要です。

ですから、小学生や、中学1年生はまだ完ぺきにできなくても大丈夫ですよ。

簡単にいうと、「ネ」をいれて切れるのが「文節」です。

どういうことかというと、

たとえば

昨日、ぼくは算数の勉強より国語の方をがんばった。

という文があったとすると、「ネ」を入れて区切っていきます。

それが文節です。

上の例文でいえば、文節はいくつありますか?

昨日(ネ)/私は(ネ)/算数の(ネ)/勉強より(ネ)/
国語の(ネ)/方を(ネ)/がんばった(ネ)/

となって、全部で、7つありますね。

これが文節ですよ。全部で7つの文節がありました。

ですから、1文節で答えてくださいと言われれば、その答えは長くはなりません。

文法的に詳しく説明すると難しく感じる人もいるでしょうから、
それは次の機会にゆずりたいと思います。
まずはこの「ネ」で切る方法で8~9割できるようになってください。

ちょっと練習してみましょう。

次の文を例のように文節に区切ってください。

〔例〕列車は/三時に/着く/そうだ。

1 火口からふきあがるけむりが風に流される。

2 妹のきれいにかたづけられた部屋に入る。

3 もう一度感動的な文学作品を読み直そう。(5文節)

4 小さな失敗はだれでもしたことがあるだろう。(6文節)

5 その会場はあざやかな色であふれていた。(6文節)

《解答は下のほうをご覧ください》

■通信講座のお申し込みはこちらから。

文節練習問題ー解答

1 火口から / ふきあがる / けむりが / 風に / 流される。

2 妹の / きれいに / かたづけられた / 部屋に / 入る。

3 もう / 一度 / 感動的な / 文学作品を / 読み直そう。(5文節)

4 小さな / 失敗は / だれでも / した / ことが / あるだろう。(6文節)

5 その / 会場は / あざやかな / 色で / あふれて / いた。(6文節)